換気扇交換は自力で行える?

油でべたべたになった換気扇、そのままにしておくと故障の原因になってしまうため換気扇交換を行いましょう。換気扇交換はやり方さえ把握すれば自分で交換を行うことが出来ます。ただし機種によっては出来ないものもあるため、あらかじめ注意書きをしっかり読みましょう。

換気扇交換を行う流れ

ファン

換気扇のコンセントを抜く

作業をする前に必ずコンセントが抜けていることを確認しましょう。コンセントが接続されたまま作業を行った場合、プロペラが稼働して大けがをしてしまうため、これを未然に防ぐためにも必ず作業中は抜きます。

換気扇カバーやプロペラを外す

換気扇のカバーを外し、ファンキャップとプロペラを外します。プロペラが外れたらネジを回して本体を外すだけです。蝶ネジを時計回りに回すと壁を傷つけてしまう事があるため、必ず反時計回りに回します。

本体を壁から外します

止めてあった蝶ネジが外れると本体が外れます。本体の外側に枠がありますが、新しい換気扇を設置する際に使用するので捨てないようにしましょう。また枠をクリーニングする際、金属たわしやクレンザーで磨くと防腐剤が取れるので控えましょう。

本体を設置

本体を設置したら、同線の接続やプロペラの取り付けを行います。ファンキャップをしたらカバーをする前に試運転をして問題なく稼働するか確認をし、異常がなければカバーをかけて終了です。

換気扇の交換以外にも利用できるサービスがある!

換気扇

難しい換気扇交換は専門業者に依頼しよう!

近年、換気扇を従来のプロペラタイプからレンジフードタイプに変える人がいます。このレンジフードタイプの換気扇の交換は難しく、また高齢者が換気扇の交換を行う事は体に負担もかかり思わぬ事故を引き起こす原因になります。そういった事故を防ぐためにも、専門業者へ依頼することで安全に換気扇を交換することが出来ます。

換気扇

専門業者が行っているサービス

専門業者への依頼をすると、換気扇そのものの交換は勿論ですが、換気扇の修理に水漏れ、取り付けや取り外しなどを行っています。専門業者へ依頼をすればトラブルの対応も早く、危険な部位の掃除や取り付けも作業に慣れたスタッフが行う事で安心安全に換気扇交換を行うことが出来ます。換気扇に関する知識も豊富なので今後の対策方法からトラブルになったときも迅速に対応してくれます。

作業員

専門業者への依頼方法

専門業者への依頼方法は、各業者のウェブサイトから電話やメールのどちらかで申し込みをすることが出来ます。インターネットから換気扇交換の業者を検索しますと、多数の業者がヒットします。どの業者を選んでいいのか迷ってしまった場合、口コミサイトを利用することでどの業者が良いのか選ぶ際の参考になるのでお勧めです。

激安価格で換気扇交換を行っている業者もある!

換気扇交換業者の中には、激安価格で換気扇の交換を行っている業者もあります。レンジフードで例をあげますと、最新式高機能なレンジフードの換気扇になると価格は約20万円程ですが、激安業者なら約4万円から8万円で交換できる場合もあります。